RECRUIT

社員紹介

カシケイで働く社員に、
仕事の内容ややりがいについて聞きました。

自分から積極的に仕事に
取り組んでいただける人と、
ぜひ一緒に働きたい

製造部安達 光太郎入社4年目

どうせ働くならば、人の役に立つ仕事がしたい。そう考えたのが、4年前にカシケイに入社を決めた理由でした。今は通水部という完成した水道メーターの品質管理を担う部署で、正しくメーターが動作するかチェックする仕事を担当しています。動作試験では赤外線をメーターに当て、流した量の水が正確に測定できているかを調べます。

その検査用の機械や、メーターが流れるラインの装置について細かいところまで熟知する必要があり、今では多少の故障ならば自分で修理できるようになりました。水道メーターは正しく「計測」できなければ装置としての意味がありませんので、製品の最終責任を担う重要な仕事です。「人々の生活に役立ちたい」という思いを持ち、上司に言われたことをただやるのではなく、自分から積極的に仕事に取り組んでいただける人と、ぜひ一緒に働きたいと思います。

入社年次に関わらず
良い提案はどんどん
採用してくれる

総務部河内 万由子入社1年目

就職の合同説明会でカシケイの方の印象がとても良かったことが「この会社で働きたい」と感じた理由でした。「入社後のギャップを減らしたいから、聞きにくいことでも何でも聞いて」と言ってくれ、本当にこちらのあらゆる質問に答えてくれたんです。入社後は総務部に所属し、生産管理を担当しています。

工場のスタッフとも出荷業務で密に連携をとる必要があり、円滑なコミュニケーションを心がけています。カシケイの良いところは、入社年次に関わらず「良い提案はどんどん採用してくれる」ことです。新人の私が朝礼で述べた改善案が、翌日にはもう正式に実施されることになったのは驚きました。先輩たちは誰もが心を開いて話を聞いてくれるので、ぜひカシケイに入社された方は、どんどん積極的に提案をしていってください。

ミスに対して
再び起こさないために
どうすれば良いかを
一緒に考えてくれます

製造部福田 志帆入社1年目

入社半年の今は、水道メーターの金属製の外装を作る鋳造部を担当しています。高い品質で製品を作るためには金属の特性や機械の特徴など学ぶべき知識も多く、モノづくりの仕事は楽しいとともに、難しく奥深いことを実感しています。

カシケイの良いところは尊敬できる先輩がたくさんいるところ。仕事でわからないことがあれば何でも教えてくれますし、ミスに対しても叱責ではなく、原因を解明して再び起こさないためにどうすれば良いかを一緒に考えてくれます。工場には危険な場所もあるので、何より安全を第一に日々の仕事に取り組むことを丁寧に指導されています。先輩たちのように「カシケイのモノづくりになくてはならない人」を目指して、業務に取り組む毎日です。

仲間が作ったメーターを
お客様に届ける
“最終ランナー”として

営業部荒木 友輝入社2年目

カシケイに入社した理由は、製品を通じて多くの人々の生活が便利になり、彩りを与えられると考えたことです。メーカーだからこそ自社の製品を自分の手で提案し、広めることができると考えて入社を決めました。

カシケイは水道メーターという、生活に密着している製品を提供しています。そして営業は、お客様と直接コミュニケーションをとる、会社の最前線にいます。製品企画・商品開発・技術部などが専門部署として製品づくりを担当していますが、お客様の「生の声」は営業しか聞くことができません。営業の仕事は、お客様とコミュニケーションするなかで、徐々に連帯感や信頼関係が構築されていきます。そのことに大きな充実感を覚えると同時に、自分が営業としての経験とキャリアを積んでいることを実感します。
水道メーターのスペシャリストとして、全国のお客様に頼られる営業マンとなることが今の目標です。

カシケイの水道メーターは
暮らしに
なくてはならない製品

製造部田中 周人入社2年目

カシケイのある地元柏原市に育ち、昔から「いい会社だよ」と親類に聞いていたこともあって、就職を決めました。家から近いので、仕事を学び成果を出すことに使える時間が長いのも決めた理由です。現在は、水道メーター内部のプラスチック製の部品を作る射出成形部で働いています。部品は大きく分けて8種類あり、その全てをカシケイは自社生産していて、自分も全部品の工程を担当しています。

この会社で働く何よりのやりがいは、「自分の仕事が人知れず多くの人の生活を支えている」ことです。カシケイの水道メーターは日本全国の多くの家庭に入っており、暮らしになくてはならない製品です。カシケイは社員の教育にも力を入れていて、入社後にフォークリフトの資格も業務の一環で取らせてもらいました。学ぶべきことは沢山あり、生産プロセス全てに精通することが今の目標です。

採用に関するお問い合わせはこちら

CONTACT お問合せフォーム